case11_ph1

【会社名称】山下武彦税理事務所
【創  業】平成23年10月
【本社住所】〒459-8004 名古屋市緑区有松南1001 グランドメゾン大高の杜2-303
【導入時期】2011年7月

 山下武彦税理事務所様は、法人及び個人の税務申告代理の業務、創業支援、事業計画作成支援などを展開され、多くのお客様から信頼を獲得されています。

ー 導入前の課題について

当事務所は代表の私のほか2名のスタッフに税理士補助業務として事務処理の作業を手伝ってもらっていますが、重要な業務の処理はほとんど私が行っています。以前、別の会計事務所で勤務していたころは、外出先で顧客の会計・税務情報を確認したい場合、会計システムを作っているメーカーの専用のソフトを使って情報を見ていましたが、Word や Excel などで作成した情報は外出先から見られませんでした。でもそれが当たり前だと思っていました。しかし、オフィスクラウドの仕組みを知り、外出先から社内と同じデスクトップ環境を使うことができると聞いた時は、とても驚きましたね。普段デスクトップで使っているすべてのソフトやデータを見ることができ、顧問先や移動中でも事務所内と同じような仕事ができる。以前は Word や Excel などで作成された情報を確認したい時は、事務所にいるスタッフにお願いしてパソコンを操作してもらい口頭で質問していましたが今はその必要はなくなり、本当に便利になりました。

ー 導入してどう変わり、どう便利になりましたか?

パソコン(デスクトップ)の情報がすべて外出先から確認できるようになって便利になったのはもちろんですが、一番評価しているポイントはなんといっても「万が一パソコンが故障しても大丈夫だ」という安心感ですね。本来の業務に集中できるので、とても助かっています。以前はトラブルになった時、どこに電話すればいいのか問い合わせ先を調べるだけで一苦労でしたし、業務が止まってしまうことも何度もありました。しかし今はインフィニティさんの IT110番サービスに電話すればほとんど解決してくれますし、インフィニティさんで対応が難しい場合でも、メーカーさんと調整をしてくれた上でこちらに連絡をくれるのでとても助かっています。それに質問に対する回答のレスポンスが早いことも大変助かっています。システムのトラブルでお客様に迷惑をおかけすることはできる限り避けたいですから。また、オフィスクラウド以外のことでもいろいろ相談に乗ってくれるのでとても心強いです。

他のメーカーのサポートだと自社の商品のことしか教えてくれませんし、サポート対象外だと対応してくれませんが、インフィニティさんはトータルでサポートしてくれますので大変助かっています。もしシンクライアントを導入していなければ、私がすべてのシステムの管理をしていたと思いますが、とても面倒見きれなかった と思います。パソコンはどちらかといえば好きな方ですが、今後人員を増やした場合に管理する手間は増えるし、システムの技術革新にはとてもついていけません。このようなトータルなサポートは心強いので、今後事務所の人員を増やしていっても大丈夫だなあと思いますね。
シンクライアントはハードウエアの面でも高スペックなパソコンを購入する必要がないため、インフィニティさんに薦めてもらった EPSON の Endeavor (※)というシリーズを利用していますが、シンクライアント端末で使用する分には全く問題ありません。この端末は薄くて軽くスッキリとしたタイプなので場所を取らなくていいですね。コストの面だけでなく、社内レイアウトをすっきりできるので気持ちがいいです。以前はソフトを起動するだけで、ものすごくスピードが遅くなるパソコンがありましたが、今はどのパソコンでもスイスイ動いてくれるので、事務職員のストレスも減って事務効率もアップしていますよ。

 【導入イメージ図】

case11_ph2

 - 今後更にIT(シンクライアント)をどう活用していきたいですか?

今は事務所内に物理サーバーを置いていますが、いずれデータセンターを利用したいと思っています。やはり邪魔だなぁ…と思うときもありますし、サーバー音が気になります。特に夏場は、熱を持つので空調を気にかけなければいけないので、メンテナンスが煩わしいんですよ。データセンターにサーバーを持っていけば事務所内が快適になりますし、メンテナンスも必要なくなるので、サーバー買い替えなどのタイミングで実現させていきたいですね。

- 山下様、ありがとうございました。