case8_ph1

【会社名称】税理士 鈴木肇事務所
【創  業】昭和46年2月
【本社住所】〒471-0025 愛知県豊田市西町6丁目3-1
【導入時期】2010年8月

税理士 鈴木肇事務所様は愛知県を中心に、税務申告業務、給与計算代行業務、会社設立代行業務、相続相談、PC会計導入支援を行われています。不動産有効活用から財産・節税対策まで、最も有効な申告方法を提案し、多くの企業から信頼を獲得されています。

- 導入目的を教えて下さい

最初にオフィスクラウドを知ったきっかけは情報バンクさんのセミナーに参加したことですが、大畑社長の話を聞いて絶対にメリットが出る!と感じました。特に印象に残ったのは「ecore」ですね。壊れたパソコンでも「ecore」をさせば、またパソコンが復活するという話を聞いて、「ecore」が一つ12,000円なので、これからパソコンを買い換えるコストを考えると、どうソロバンをはじいても、絶対にパソコンコスト削減ができると思いました。ただ導入するとなると、まとまったお金が必要になるので、すぐには進められなかったのですが、しばらくして使用していたサーバーが壊れてしまい、どうせサーバーを買い換えるのならシンクライアントを導入したいと思い、決めました。

- 導入してどう変わり、どう便利になりましたか?

新規でパソコンを購入する時、経費削減のため性能を落としたり、パソコンを自作したりと、いろいろ試行錯誤していたのですが、安く済ますために性能を落としてしまうと、結局すぐ壊れてしまうんですよ。全体的に考えるとパソコンにかなりの手間と時間をかけていました。しかも忙しい時に限って壊れるので普段の業務が止まってしまい、ストレスも溜まっていましたし、いっその事、パソコン管理を専門の業者に任すなどの案もありましたが、そうなると経費がかかる。堂々巡りでした。このように非常に悩んでいたので、お金をかけることなく管理が楽になるシンクライアントは本当にすばらしいと思っています。
それと弊社は「ACELINK」という主に士業関係の方が使用するソフトを使用しているのですが、能力の低いパソコンでインストールして使うと、とても重く、動きが遅くなってしまいます。このソフトを十分な動きで使うには相応のパソコンのスペックが必要になります。その点、オフィスクラウドならサーバー側に「ACELINK」が入っていますから、どんなに能力の低いパソコンでも平気で使うことができます。
それと導入してみてわかったのですが、以前はかなりの頻度で壊れていたパソコンも導入後は全然壊れなくなったんです。インストールなどのめんどくさい作業は一切必要なくなり、お金もかからないので、いつでも壊れて大丈夫!と思っているのですが…(笑) パソコンにソフトやデータを入れないことで、こんなにも使いやすくなるんですね。とても気が楽になりました。

 【導入イメージ図】

case8_ph2

- 今後更にIT(シンクライアント)をどう活用していきたいですか? 

これからはオフィスクラウドのメリットを生かし、客先にも自由にパソコンを持って行きたいと思っています。現在は、客先で話をする内容や聞かれるであろう事はすべて紙プリントアウトして打ち合わせに望んでいますが、例えば「あの科目どうなっていた?」などの突発的な質問が出た場合は、「帰ってから調べてまた電話します」という対応を取っているんです。 紙にプリントアウトするという方法は残しますが、突発的な質問が出た場合でもシンクライアントならすぐ社内情報を確認することができるわけですから、質問されたことはその場ですぐ回答する。そういった体制を作っていきたいですね。

- 平野様ありがとうございました。

 

お客様HPへ