これまでサービスにログインするための認証方式は、ほとんどが ID とパスワードの組み合わせで行われてきましたが、その「ログイン情報」はサイバー犯罪者から常に狙われています。複数のサービスごとに異なるパスワードを設定して管理することは難しく、多くのユーザーがパスワードを使い回してしまうことで、一つのパスワードが漏えいしただけで大きな被害になってしまうケースが多発しています。こうした被害を防ぐためには、複数の認証方式を組み合わせるなど、他人にログインされる可能性を低くする必要があります。

多要素認証とは?

ログイン情報が もし漏れてしまったら、その情報を入手した人は誰でもログインできてしまいます。そこで、IDとパスワード以外に個人を特定できる要素(認証方式)を追加するケースが増えています。

関連記事はこちら

リモート 2段階認証 らく認

らく認(飛天ジャパン)は2段階認証やパスワードレス認証を実現するマルチ認証クラウドサービスです。リモートデスクトップ環境にスムーズ/安価に2段階認証を追加が可能です。
また、ログインログが取得できるため、監査にも最適です。

動画でチェック!

セキュリティを強化しませんか?

いつもご利用頂き、ありがとうございます。より安心してご利用頂くために、ご質問やご不安なことがございましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。