マルチモニター、もしくは、マルチディスプレイとも言いますが、ご存じですか?

いつも業務でパソコンを使うとき、複数のソフトやフォルダを同時に開いて作業をすることが多いと思いますが、ソフトの表示切替えをいちいち操作するのは面倒だと思ったことはありませんか?

また、Windows10から追加された機能の仮想デスクトップはタスクビューを使って操作しますが、せっかく用途に応じて使い分けをしようとタスクビューを複数開いても、重なって表示されるとやはり操作性が落ちてしまいます。

そんなとき、もしモニター(ディスプレイ)が広くなったら、どうでしょう。その違いは、作業する机の広さの違いに例えることができます。

例えば、狭い机で作業しようとすると、用紙に記入したくても充分なスペースがなく、他の資料と重なってしまうので、除けようとしたら横に置いてあったカップが倒れてコーヒーをこぼしてしまい、用紙が汚れたり・・でも、広い机なら、用紙と資料と重なることもなく、カップを倒れないところに置く余裕もあって、イライラすることなく作業できるでしょう。

この机の例ように、モニターを広くすることができるのが、マルチモニターです。

マルチモニターってこんなに便利!

マルチモニターは、1台のパソコンに2台以上のモニターを接続し、デスクトップの領域をモニターの台数分広げて使用できるようにするものです。デスクトップの面積が広がれば、作業効率アップが期待できます。

こちらもチェック!

タスクビューの便利な機能

Windows10から仮想デスクトップという機能が新たに搭載されました。複数の作業を並行して行ったり、多くの資料を閲覧しながら作業する時にはとても便利な機能で、タスクビューを使うと簡単に操作できます。

マルチモニターを活用して作業効率アップ!

IT環境を快適に!

いつもご利用頂き、ありがとうございます。業務でITを使う際にお困りのことなどございませんか?業務を便利にする機器やソフトウェアをご紹介しています。お気軽にご相談下さい。