代表挨拶

代表取締役社長 挨拶

代表取締役 大畑祐貴

代表挨拶

代表取締役 大畑祐貴

自己紹介動画

「入社前にどこでITの勉強をされていたのですか?」
お客様から私がよく聞かれる質問です。

私は大学まで役者を目指しており、日本大学 芸術学部 映画学科演技コース
に在学しておりました。
在学当時は、小劇場を借りての舞台などの公演や自主製作の映画作成など
をしており、ITとはかけ離れた生活をしていました。
当時パソコンを利用するのは脚本を書く時ぐらいで、徹夜してWordに
書き上げた舞台脚本を、休憩している間にパソコンがダウンしてデータが
消失してしまうなど、今では考えられない使い方をしていました。
(当時のノートPCは熱暴走でストップすることが多々ありました 汗)

大学の卒業が近づくにあたり、役者は一握りの才能が夢を掴める職業だと
実感し、就職することを決めました。
当時、既に独立をしてインプルーブを経営していた父と相談し、
スネかじりではありますが、有限会社 インプルーブに入社しました。
当時、従業員は社員が1名、パートが1名の合計2名。
提案/営業/構築の指揮はすべて父が取っていました。
やるからには死ぬ気で頑張らないと、と1年間で実務を引き継ぎ、のんびり
働きたい従業員2名が退職し、父と2名での再スタートとなりました。

これが私のビジネス人生のスタートでした。

そのため、私は理系ではなくむしろ文系です。
現場でお客様に教わり、悩みを一緒に考え、
一緒に解決していくために調べ、知恵を絞る。
当時の経験が今の私を形作っています。

私たちは、お客様と対等でいたいと願っています。
対等だからこそ一緒に悩み、お客様のためにならないことは利益が
上がることでもお断りする。
一緒に成長できるパートナーとして、末永く共に発展できる関係性を
目指しています。

Mission / ミッション

中小企業の一員として感じたこと。
それは、ヒト・モノ・カネが十分ではないこと。
幸いなことに ヒト(家族や社員、お客様、パートナー)には恵まれてはいますが、マンパワーには限界があります。
その中で第四の要素である「情報(IT)」だけは、どの企業にも平等に創意工夫によって、企業発展をサポートする力がある。

企業を支えていくには、私たちが実力と実績を持っていなければいけない。
お客様をサポートすることで、お客様が成長し、今以上に頼っていただける。
常にお客様を支えることができるように、知識と技術を身につけてITの分野では常に努力を怠らない。

それが、インフィニティのミッションの原点です。

Value/バリュー

①Thanks:感謝の気持ちを忘れない
​​​​​​​ 常に仲間(上司/仲間とその家族)やパートナー(外注/仕入先)と支えあって業務に取り組むこと。

②Fun:仕事を本気で楽しむ
 仕事は人生の半分近くを占める大切なもの。その仕事が楽しくなければ人生が楽しいものにならない。
 本気で楽しむためには、準備や苦労、スキルアップなどが必要。
 「ラク」をするのではなく「たのしむ」ために精一杯取り組んでいくこと。

③Charming:誠実で魅力的である
 偽りや飾りなく真剣に仕事に取組み、清潔であり、信頼される、会社を背負える人材であること。

④Challenge:困難な課題に挑戦しやり抜く
 既成概念にとらわれず、できないと最初から判断せず、
 実現するためにどんな方法があるかを柔軟に模索し、実現までやり遂げること。

⑤Action:常に考え行動し成長する
 人間性 / 技術面 / 能力面において、現状の自分に満足せず、常にどうしたら成長できるか、
 お客様を支援できるか、会社に貢献できるかを考え、自ら進んで行動すること。

Waku Waku Project / ワクワクプロジェクト

代表挨拶


>中小企業を支える「インフィニティのサービス」

中小企業を支える「インフィニティのサービス」

全国の中小企業IT環境を支える私たちのサービス、 「ツナガル」「ササエル」「ヒロガル」の資料をダウンロードいただけます。現在IT環境でお困りであれば是非一度インフィニティにご相談ください。 ※本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

CTR IMG